黒ずんだデリケートゾーンは臭いのか?女性器の黒ずみと匂いの関係性

更新日:

黒ずんだデリケートゾーンと聞いて何を思い浮かべますか?

遊んでいると思われる
あそこのケアが不充分
彼にがっかりされてしまう
臭そう

どれも嫌なものばかりですね。
今回はその中でも「女性器の黒ずみと臭い」の関係性を見てみましょう。

デリケートゾーンはなんで黒ずむの?

陰部の皮膚の角質層は非常に薄く、とても傷つきやすいです。
そのため、デリケートゾーンと呼ばれています。

まんこが黒ずむのはなぜ?

皮膚は外部からの力が加わると、皮膚を守ろうとメラニン色素が集中します。
部位によっては角質そのものが固くなり守ろうとします。
毎日圧力がかかっている「かかと」が硬くなるのはこの働きのためです。

陰部も同じで、下着のこすれや自己流の脱毛などで刺激が加わると皮膚が守ろうと働き、メラニン生成が活発になり黒ずみとなります。
デリケートゾーンの黒ずみは、皮膚が自分自身を守ろうとした結果なのです。

黒ずんだデリケートゾーンは臭いの?

デリケートゾーンの黒ずみが直接臭い匂いを放つわけではありません。
ですが、デリケートゾーンの黒ずみの原因が臭い匂いにつながることは考えられます。

一概には言えませんが、「あそこが黒ずんでいるから臭い」というより「あそこが臭いから黒ずんできた」という方がニュアンスとしては正しいかもしれません。

デリケートゾーンが黒ずむ原因は?

女性器の黒ずみの原因として最も多いのが以下の3種です。

①下着や洗浄時による摩擦

サイズの合わない下着は動くたびに女性器とこすれ合い摩擦が生じます。
毎日のお風呂で女性器を洗う時、強くこすって洗うと摩擦が生じます。

摩擦に対し皮膚は強くなろうとメラニン色素を放出します。
その色素が沈着し、やがて定着して黒ずみとなります。

②皮膚のターンオーバー不良

皮膚は一定の周期で一番上の皮膚が剥がれ落ち新しい皮膚になります。
これを皮膚のターンオーバーと言います。

ストレスなどで体内バランスが乱れるとターンオーバーが上手くきません。
古い角質が剥がれずに溜まってしまい、色素が重なりあって黒ずんで見えてしまいます。
特にデリケートゾーンの皮膚はまぶたよりも薄いため、黒ずみが目立ちやすいのです。

③自己流の脱毛

脱毛で黒ずむ

欧米ではデリケートゾーンまわりの毛のケアは一般的です。
最近はそれに習って日本人女性もデリケートゾーンまわりの毛のケアをする人が増えています。

しかし

「脱毛サロンに行くのが恥ずかしい」
「お金がかかる」
「時間がない」

などの理由で自分でケアをする人が後を絶ちません。
専門知識がないままデリケートゾーンの脱毛をすると皮膚を痛めます。
皮膚は刺激があると抵抗してメラニン色素を生成するので、自己流の脱毛は黒ずんでしまうリスクがあります。

洗いすぎが女性器の黒ずみと匂いの原因かも?

デリケートゾーンの黒ずみと臭いの原因のほとんどは、女性器の洗いすぎによるものです。

デリケートゾーンの臭いが気になると強く洗ってしまいがちです。
しかし、この行為が反対に女性器の匂いを強くしているのです。

女性器を強く洗うということは、女性器を強い力でこすると言うことです。
摩擦は黒ずみの原因になります。

強く洗えば、雑菌を殺す常在菌も洗い流してしまいます。
常在菌がいなくなれば雑菌は繁殖し、汗や皮脂と混ざって恥垢、いわゆるマンかすになります。
マンかすは独特の臭い匂いを放ちます。

デリケートゾーンの黒ずみと匂いには、デリケートゾーン専用の石けん使い優しく洗うことで改善が期待できます。

デリケートゾーン専用ソープは身体に優しい素材なので、繊細な女性器にも毎日使えます。
ものによっては黒ずみに効果のある成分が配合されている嬉しいものもあるので、ぜひチェックしてみましょう。

薬用イビサソープの購入

 

細かい泡で優しく撫でて洗うことで摩擦を最小限に抑えられます。
必要な潤いと常在菌を残す適度な洗浄力は、デリケートゾーン専用石けんの大きな魅力です。

デリケートゾーンの黒ずみと匂いに悩む前に、できることから始めてみませんか。
きっと納得のいく効果を実感できると思いますよ。

 

-Q&A

Copyright© デリケートゾーン臭いの原因と対策 , 2018 All Rights Reserved.