デリケートゾーンの臭いは食べ物にあり!食事改善、腸内環境改善が必要

投稿日:

デリケートゾーンの臭いをケアしているのになかなか改善されない、、、。
その原因はあなたの毎日の食事かもしれません。

食べた物とデリケートゾーンの臭いの関係

①臭いやすいものを食べている

当たり前ですが、身体の組織は食べた物で作られていきます。
脂肪分の多いものを食べれば脂肪がついて太りますし、タンパク質をたくさん食べれば糖分に変わり贅肉になります。
栄養は目に見えませんが、肉や汗などの形となって身体に現れます。

体臭やデリケートゾーンの臭いも原理はこれと全く同じです。
体内で酸化して臭いを発生させるものを食べれば体液は臭くなります。
デリケートゾーンからも体液は分泌されるのでデリケートゾーンが臭くなります。
肉料理をメインに食べる欧米人の体臭がきついのは、食生活が大きく関係しているのです。

②腸内バランスの乱れ

ストレスなどで腸内のバランスが乱れると、善玉菌が減り便秘や下痢になります。
特に便秘は消化されなかった食べ物が腸内で腐敗し、腸内でアンモニアが作られます。
これが血液に乗って身体中を巡り、最終的には汗や唾液、デリケートゾーンからの分泌物となって体外に排出されるのです。アンモニアは独特の臭いがするので、腸内環境が崩れると体臭、口臭、そしてデリケートゾーンの悪臭となるのです!

デリケートゾーンが臭くなる食べ物一覧

①過剰摂取に気をつけたい食べ物

赤身肉
赤身肉の動物性タンパク質は、体内に入ると過酸化脂質を活性化させます。
その際、酸化することで腐敗臭のような悪臭がします。
肉の良質なタンパク質は量は少なめで充分ですので、サラダと一緒に食べるなど工夫して満腹感を得ましょう。

食品添加物
スナック菓子、コンビニのお弁当など幅広いものに使われているので注意したい成分です。
体内の酸化を促進してしまいます。
時間があるときは薄切りにしたじゃがいもをあげてチップスにするなど、手作りおやつが理想的です。

ブロッコリー、カリフラワー、キャベツ
これらのアブラナ科の野菜は硫黄混合物を含んでいます。
食べすぎると汗となって身体中から臭いがしてしまいます。
身体に必要な栄養素も豊富な野菜なので、食べる量に気をつければ神経質にならなくてOKです。

タマネギ、ニンニク、ニラ
元々臭いの強い野菜たちですね。
体内に入っても、臭いの元である成分 アリシン、硫化アリルは臭いままです。
こちらもデート前はたくさん食べることは避けた方が良さそうです。

反対にデリケートゾーンが臭いにくい食べ物は?

デリケートゾーンが臭いを発しにくい食材は意外と身近なものばかりです。
いつもより少し意識して食べてみませんか。

にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、みかん、スイカ、プルーン
抗酸化作用のあるβカロチンを豊富に含んでいる野菜です。
特ににんじんとほうれん草はアルカリ成分も含んでいるため消臭対策には優秀な食材です。

芽キャベツ、パプリカ、レモン、パイナップル、グレープフルーツ
血液の流れを助けるビタミンCをたくさん含んでいる食材です。
ビタミンCは体外に流れやすいためちょこちょこ採りましょう。

いちご、バナナ、ベリー類、大豆、ゴマ
ポリフェノールをたくさん含んでいます。
ベリー類はビタミンEも豊富なため、おやつ代わりに採りたいフルーツです。

めかぶ、わかめ
腸内を整えるのに必要な食物繊維を効率よくとれます。
特にめかぶは、臭いの元を体外にそのまま排出する作用のあるフコイダンを含むためおすすめです。
毎日少量食べることで、おりものの臭いの軽減も期待できます。
デリケートゾーン以外の臭い対策にも使える強い味方です。

緑茶、ほうじ茶、紅茶
カテキンは強力な消臭効果があります。
カテキンが多い無糖のお茶類はデリケートゾーンの臭い対策にはかなりおすすめの飲み物です。
食事以外でも、喉が渇いたらこれらのお茶を飲んでください。

デリケートゾーンの臭い対策に本当に大切なのは「食事バランス」!

上記で紹介した臭いにくい食材も、そればかり食べていては栄養が偏ってしまいます。
デリケートゾーンの臭いをなくすには健康な身体があってこそです。
1番大切なのは「バランスの取れた食事」です。

免疫力をつけることが、デリケートゾーンの臭いを緩和する1番健康的な方法かもしれません。

-臭いの原因

Copyright© デリケートゾーン臭いの原因と対策 , 2018 All Rights Reserved.