【夏になると臭うデリケートゾーン】夏特有の臭いの原因を特定

投稿日:

夏は心も身体も開放的な季節。
デリケートゾーンの臭いなんか気にしないで楽しく過ごしたいものです。

夏特有のデリケートゾーンの臭いにお悩みのあなた!
原因を理解すれば臭いは防げますよ。

夏にデリケートゾーンの臭いが気になるわけ

①薄着

汗をかいても給水する衣類の面積が少ないため、デリケートゾーンの臭いが外に漏れます。
ショートパンツやミニスカートだと特に臭いが放出されてしまいます。
彼にひざまくらをおねだりされたら、堂々としてあげたいと思いませんか?

②汗をかきやすい

夏は暑いですから、当然ほかの季節より汗をかきます。
デリケートゾーン周辺も汗が出る汗腺はありますから、多くの汗をかき放っておくと悪臭になります。

③高温多湿

夏は気温に加えて湿度も高く、雑菌が繁殖するのに好都合な気候です。
デリケートゾーン内も湿度が上がりジメジメすれば雑菌が繁殖しやすくなります。

夏特有のデリケートゾーンの臭いの原因はこれ!

デリケートゾーンの臭いの主な原因は「汗、蒸れ」です。

汗をかいてそのままにしておくと、皮脂汚れと混ざって皮膚上で化学反応を起こし、悪臭を放ちます。
不潔な皮膚は雑菌が一気に繁殖してしまい、これも悪臭となります。

夏はデリケートゾーンも汗をかく頻度が高く、どうしても肌が不潔になりやすいのです。

夏特有のデリケートゾーンの匂いはこれで対策!

汗はすぐに拭き取る

夏は体温が上がりやすく、デリケートゾーン内も知らないうちにたくさんの汗をかいています。
汗をそのままにしておくとデリケートゾーン内の湿度が上がり、蒸れてきます。
蒸れは臭いの原因ですからデリケートゾーン内を蒸れないようにすることがポイントです。

汗をかいたと感じたら、なるべく早めに拭き取りましょう。

トイレに行く都度、ビデを使ったりウェットティッシュで拭くのもさっぱりしておすすめです。

食生活を見直す

「夏はよく動くから栄養のあるものを!」と肉料理を選びがちですね。
しかし動物性、脂肪食品は体臭の原因となる代表的な食品です。

野菜類、魚、穀物類、海藻類などを中心とした食事を心がけましょう。
よく噛んで食べれば満腹感が得られますよ!

冷房による冷えに注意する

夏に冷房が効いた屋内は快適ですが、思った以上に身体は冷えています。
腰回りが冷えるとデリケートゾーン周りの血行も悪くなり、デリケートゾーン本来の自浄作用が鈍ります。

臭いの元となる雑菌と戦う常在菌がきちんと機能できるよう、身体を冷やさないように気をつけましょう。
オフィスでは膝掛けや肩がけの使用、適度なストレッチなどが効果的です。

シャワーで済まさず湯船につかる

夏場はお風呂をシャワーだけで済ませてしまうことも多いですね。
デリケートゾーンは複雑な形をしており、シャワーだけでは一日分の汗や皮脂は洗い流しきれないのです!

デリケートゾーン内に汚れが残ってしまうと、寝ている間に雑菌が繁殖し臭くなってしまいます。
しっかりと湯船につかることで汚れは柔らかくなり落ちやすくなります。

面倒だと思わずに、湯船でしっかり体を癒してあげましょう。

デリケートゾーンの臭い対策グッズを使う

デリケートゾーンの臭いの事を考えて作られたグッズは力強い味方です。
お風呂で使うデリケートゾーン用ソープ、外出先でも使える拭き取りタイプ、即効性のあるスプレーやクリームタイプなど、自分に合った用途に応じて組み合わせて使うのがおすすめです。

彼との距離も近づきやすい夏にデリケートゾーンの臭いで悩んでいるなんてもったいない!

今すぐケアを始めましょう。

 

-臭いの原因

Copyright© デリケートゾーン臭いの原因と対策 , 2018 All Rights Reserved.