デリケートゾーンの臭い・痒みの原因と対策※正しい陰部ケアで痒みを止める!

更新日:

デリケートゾーンの臭い匂いやかゆみは思った以上に厄介です。
女性器の痒みは早い段階であれば市販薬で治せる場合もあります。

かゆみの原因と対策をある程度は知っておきましょう。

デリケートゾーン痒みのタイプ別原因と対策

デリケートゾーンのかゆみは大きく分けて

非感染タイプ
感染タイプ

の2つがあります。

非感染タイプの痒み

ナプキンを気を付ける

菌によるものではなく、下着やナプキンなどの外的な刺激や自発的な要因によっておこるかゆみです。
非感染タイプは、デリケートゾーンの臭いはそこまで強くなく、早い段階で正しい対処ができれば治りやすいです。
場合によっては放っておいても治ります。

蒸れ・汚れが原因の痒み

デリケートゾーンは思った以上に汗や分泌物で蒸れる場所です。
蒸れて湿度が上がったり恥垢(まんかす)が溜まると常在菌が異常に増え、雑菌が繁殖して炎症を起こします。

恥垢はおりものが放置されて固まったりデリケートゾーンに汚れが溜まったものです。
毎日お風呂に入っていればあまり気にすることではありません。

蒸れはぴったりした下着やストッキング・パンツを控え、通気性のよい服を選びましょう。
適度な湿度と雑菌のエサになる汚れがなければ痒みは徐々に治ります。
かゆみを抑える市販の軟膏を使っても良いでしょう。

化学繊維などのアレルギーの痒み

女性の下着は化繊素材のものが多いです。
女性器に直接触れるおりものシートも化繊素材が主流です。

もともと肌がデリケートであったり生理中もしくは妊娠中はデリケートゾーンが敏感になります。
免疫力が低下している時も化繊アレルギーとなりかゆみが出ることがあります。

綿100%の素材や天然繊維で作られた下着、おりものシートを選ぶことでかゆみが解消されることがほとんどです。
体質的、期間的な部分が多く痒い症状が治まるまで時間がかかります。

ホルモンバランスの乱れが原因の痒み

デリケートゾーンはホルモンバランスに左右される部位です。
ホルモンバランスが崩れると血行が悪くなり、本来は血流で運ばれるはずの栄養素がデリケートゾーンまで届きません。

特に乳酸菌は女性器に欠かせない栄養素です。
乳酸菌が足りないと膣内を守るはずの分泌物が減少し、乾燥したり細菌感染しやすくなります。
敏感な人だとかゆみと感じることがあります。

ホルモンバランスを整えるには健康的な食事と充分な催眠、そしてストレスのない毎日が一番です。
現代はストレス社会なので難しいかもしれませんが、「自炊する」「早寝早起きする」といった些細なことから始めてみましょう。

感染タイプの痒み

 

セックスでかかる感染タイプ

菌が何らかの条件で女性器に感染または繁殖し、かゆみなどの症状を引き起こすものです。
きちんと治さないと重大な病気に発展する可能性があります。

セックスしている場合はパートナーと一緒に治療をする必要があります。

病気(性病)が原因の痒み

  • かゆみが日に日に強くなる
  • デリケートゾーンが明らかに臭い
  • 発疹や腫れ、ただれがある

などの症状があったら迷わず病院に行ってください。
カンジダ、トリコモナス膣炎、クラミジア、大腸菌、感染性外陰炎、尖圭コンジローマなどの性病が疑われます。

自己判断は禁物です!
どうしても医者に行きたくないなら、性病検査を行ってくださいね。

性病検査キットの購入

自分の身体は自分で守る!

デリケートゾーンは、とても繊細です。
少しの傷や蒸れでも悪化するととても不快です。

そうならないために、日頃の気遣いが大切です。
自分の身体は自分で守りましょうね。

  • 女性器は毎日正しく洗う
  • きれいな下着を使う
  • 肌に負担のない素材のナプキン、おりものシートを選ぶ
  • セックスするときは清潔にし、コンドームを必ず使う

当たり前のことに感じますが、仕事で帰りが遅かったり疲れているとデリケートゾーンの扱いも適当になりがちです。
パートナーがいる場合はパートナーの理解と行動も大事です。

-臭い対策

Copyright© デリケートゾーン臭いの原因と対策 , 2018 All Rights Reserved.