デリケートゾーンの臭いを予防する方法!女性器を臭いから守る!

更新日:

私のあそこって、もしかしたら臭い!?

デリケートゾーンの臭いは一度気になると、女性としての自信をなくしてしまいますよね。
彼とのお泊りやセックスに積極的になれないし、水着やミニスカートも楽しめないなんて本当に困ります。
ですが、デリケートゾーンの臭いは正しいケアで抑えられるんです!

デリケートゾーンが臭くなる原因は?

デリケートゾーンが匂う原因はいくつかあります。
デリケートゾーンの臭い予防をする為に、主な原因について理解しておきましょう。

汗でまんこが臭い

蒸れ、汗

女性器はずっと下着の中にある部分なのでどうしても蒸れてしまいがちです。
そこにおりものや汗が加わり皮脂と混ざり合うことで粘度が増します。
すると恥垢(ちこう)とよばれる、いわゆるマンかすになります。

デリケートゾーンは尿道や陰唇(びらびら)、クリトリスや肛門と複雑な形が多く、気をつけていても汚れが溜まりやすく匂いやすいのです。

ホルモンバランスの乱れ

生理やストレスで女性の体は日々変化します。
特にストレスや寝不足が続きホルモンバランスが乱れると女性器の匂いが強くなる傾向があります。

細菌感染や性病

雑菌が繁殖したり細菌に感染、もしくは性病になっている時も、女性器は臭い匂いがします。
その匂いで女性器の病気に気付くこともあります。
これは放っておいても治らないので、専門医による早めの診察が必要です。

デリケートゾーンが臭くならない予防法

デリケートゾーンが臭くなってからの対策よりも、日頃から臭くならないよう予防が大切です。

清潔なナプキンを使う

サイズの合った優しい素材の下着を選ぶ

特にサイズの小さい下着は、血行が悪くなったり女性器とこすれたり通気性が悪かったりと良いことはまったくありません。

適正サイズの下着を選びましょう!

化繊ではなく、綿素材の肌に優しい自然素材の下着がおすすめです。

ストレスを溜めない

ストレスはホルモンバランスを崩し、生理周期が乱れて女性器の匂いやおりものを悪化させます。
適度なスポーツで身体を動かしたり自然に触れるなど、自分を心の中から解放させてあげる機会を作りましょう。

正しい洗い方で常に清潔にする

女性器は綺麗に清潔に

ストレスフリーでも、女性器が不衛生では匂いは抑えられません。
お風呂では体を充分にあたためた後、「細かい泡で手で撫でるように優しく洗う」のがコツです。

膣の中まで神経質に洗う必要はありません。
洗いすぎは雑菌を殺す役割の常在菌まで洗い流してしまいます。
恥垢(マンかす)が溜まらないように毎日のお風呂できちんと洗えていれば充分です。

デリケートゾーン専用のケア用品を使う

デリケートゾーンの匂い対策グッズは思ったよりたくさんあります。
固形石けんや液体石けんなどのソープタイプ、直接塗布できるスプレーやクリーム、さっと拭き取れるウェットティッシュがあります。
自分の環境に合わせて、使いやすいものをチョイスしましょう。

デリケートゾーンがどうしても気になる時は?

頑張ってケアしても、デリケートゾーンの臭いが全く改善されない場合は、性病などの病気の可能性があります。

恥ずかしがらずに専門医に診て貰いましょう。
その時にデリケートゾーンのケアで使っているグッズを持参してください。
情報は多い方が原因を特定しやすくなります。

デリケートゾーンは女性として最も大切な身体の一部です。
自分自身でも未知な部分でもあると思います。
匂いが気になっても焦ることはありません。

正しいケアで自分の女性器に自信を持ちましょう!

 

-臭い対策

Copyright© デリケートゾーンが臭い原因と対策 , 2018 All Rights Reserved.